日本バルク薬品

沿革

ホーム > 沿革

History

1970年4月 (昭和45年) 大阪市東区道修町に於いて日本バルク薬品株式会社を初代
代表取締役 森下円治 資本金800万円にて設立
1972年3月 (昭和47年) 資本金を1,500万円に増資
1975年2月 (昭和50年) 資本金を2,250万円に増資
1982年2月 (昭和57年) 資本金を3,000万円に増資
1985年2月 (昭和60年) 資本金を3,600万円に増資
1988年11月(昭和63年) 柴田恵種 第二代代表取締役に就任
1995年7月 (平成4年) 資本金を4,500万円に増資
1995年7月 (平成4年) 隣接ビル購入
1996年5月 (平成8年) 東京事務所東京都千代田区岩本町に開設
2004年7月 (平成16年) 本社ビルを購入
2005年1月 (平成17年) 資本金を6,000万円に増資
2006年5月 (平成18年) 東京事務所を営業所に改組
2010年1月 (平成22年) 資本金を7,200万円に増資
2013年1月 (平成25年) 平田公秀第三代代表取締役社長に就任
2013年7月 (平成25年) 道修町にビル購入
2015年6月 (平成27年) 東京営業所を千代田区岩本町三丁目から岩本町一丁目に移転